Tag: M-1

M-1グランプリ2019はミルクボーイが優勝!【史上最高得点更新】

一回戦でインパクト残したミルクボーイ

https://www.m-1gp.com/

22日、漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」(ABCテレビ・テレビ朝日系)が開催され、ミルクボーイが優勝した。

からし蓮根、ミルクボーイ、ぺこぱ、オズワルド、すゑひろがりず、ニューヨーク、インディアンス、見取り図、かまいたちの9組と、敗者復活を勝ち抜いた和牛の10組がしのぎを削り合ったM-1グランプリ2019ファイナル。

一回戦は、「コーンフレーク」のネタでM-1史上最多得点となる681点点(上沼恵美子 98点-松本人志 97点-中川家・礼二 96点-サンドウィッチマン富澤 97点-立川志らく 97点-ナイツ塙 99点-オール巨人 97点)
を叩き出したミルクボーイが首位通過。

660点のかまいたちが2位、654点のぺこぱが3位で最終ラウンドへ進んだ。

ぺこぱ、かまいたち、ミルクボーイの順にネタ披露された最終決戦では、3者ともに互角の戦いを演じたが、上沼恵美子、中川家・礼二、サンドウィッチマン富澤、立川志らく、ナイツ塙、オール巨人の6票を獲得したミルクボーイが第15代王者の称号と賞金1000万円を獲得した。

決勝が三者三様の上に全部面白かった史上稀にみる熱戦。ミルクボーイが、1本目のネタの面白さと笑いの勢いで優勝を掴んだ大会となった。

米津玄師 映画

さて、そんなM-1グランプリ2019ファイナルの最終結果は以下の通り!

■ 最終順位
1位:ミルクボーイ(最終決戦6票-681点)

2位:かまいたち(最終決戦1票-660点)

3位:ぺこぱ(最終決戦0票-654点)

4位:和牛(652点)

5位:見取り図(649点)

6位:からし蓮根(639点)

7位:オズワルド(638点)

8位:すゑひろがりず(637点)

9位:インディアンス(632点)

10位:ニューヨーク(616点)

■ ファーストラウンド得点
・ニューヨーク
616点(上沼恵美子 90点-松本人志 82点-中川家・礼二 88点-サンドウィッチマン富澤 88点-立川志らく 90点-ナイツ塙 91点-オール巨人 87点)

・かまいたち
660点(上沼恵美子 95点-松本人志 95点-中川家・礼二 94点-サンドウィッチマン富澤 93点-立川志らく 95点-ナイツ塙 95点-オール巨人 93点)

・和牛
652点(上沼恵美子 92点-松本人志 92点-中川家・礼二 93点-サンドウィッチマン富澤 91点-立川志らく 96点-ナイツ塙 96点-オール巨人 92点)

・すゑひろがりず
637点(上沼恵美子 92点-松本人志 89点-中川家・礼二 91点-サンドウィッチマン富澤 90点-立川志らく 92点-ナイツ塙 91点-オール巨人 92点)

・からし蓮根
639点(上沼恵美子 94点-松本人志 90点-中川家・礼二 93点-サンドウィッチマン富澤 90点-立川志らく 89点-ナイツ塙 90点-オール巨人 93点)

・見取り図
649点(上沼恵美子 94点-松本人志 91点-中川家・礼二 93点-サンドウィッチマン富澤 91点-立川志らく 94点-ナイツ塙 92点-オール巨人 94点)

・ミルクボーイ
681点(上沼恵美子 98点-松本人志 97点-中川家・礼二 96点-サンドウィッチマン富澤 97点-立川志らく 97点-ナイツ塙 99点-オール巨人 97点)

・オズワルド
638点(上沼恵美子 94点-松本人志 90点-中川家・礼二 94点-サンドウィッチマン富澤 91点-立川志らく 89点-ナイツ塙 89点-オール巨人 91点)

・インディアンス
632点(上沼恵美子 94点-松本人志 88点-中川家・礼二 92点-サンドウィッチマン富澤 90点-立川志らく 87点-ナイツ塙 89点-オール巨人 92点)

・ぺこぱ
654点(上沼恵美子 96点-松本人志 94点-中川家・礼二 92点-サンドウィッチマン富澤 94点-立川志らく 91点-ナイツ塙 94点-オール巨人 93点)

M-1グランプリ2019の決勝進出者決定!ミルクボーイが最有力?

M-1グランプリ2019決勝進出者決定

4日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』の決勝進出者9組が発表された。

過去に決勝進出経験のあるカミナリ、トム・ブラウン、マヂカルラブリー、ミキ、和牛といった有力候補が揃って落選した一方で、7組が初の決勝進出となった今回のM-1。

ファイナリストはエントリーナンバー順に、インディアンス、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、ニューヨーク、すゑひろがりずの9組となった。

この9組に加え、準決勝進出者による敗者復活戦で勝ち残った1組が追加され、合計10組で漫才日本一のトロフィーをかけて争う。

また、注目の審査委員にはオール巨人、上沼恵美子、サンドウィッチマン・富澤たけし、立川志らく、ナイツ・塙宣之、中川家・礼二、松本人志が選ばれ、前回大会と全く同じ顔ぶれとなった。

そんな『M-1グランプリ2019』は、22日にABC・テレビ朝日系で生放送(後6:34~10:00)され、同日に敗者復活戦も行われる。

ファンの間では、「ミルクボーイが優勝候補筆頭」という見方が強いようだが、果たして最後に笑うのはどのコンビか…?

米津玄師 曲

なお、敗者復活戦は以下のコンビにて争われる。

アインシュタイン、マヂカルラブリー、ダイタク、くらげ、セルライトスパ、ラランド、天竺鼠、錦鯉、カミナリ、東京ホテイソン、ロングコートダディ、四千頭身、ミキ、囲碁将棋、トム・ブラウン、和牛

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】
2018年度 霜降り明星【4640】