人気爆発中のLiSA「紅蓮華」 ついにAviciiの連覇を阻止…?

鬼滅の刃OPのLiSA「紅蓮華」が初首位

話題沸騰中のショートムービー・プラットフォーム「TikTok」が、最新の国内週間楽曲ランキング「TikTok HOT SONG Weekly Ranking」を公表した。

これまで、長らくの間Aviciiの「SOS (feat. Aloe Blacc)」が首位をキープしてきたが、今回、アニメ『鬼滅の刃』のオープニング・テーマで、LiSAの楽曲「紅蓮華 -TV ver.-」が初めて首位に躍り出た。

前々週には自己最高となる2位をマークしていた「紅蓮華 -TV ver.-」だが、アニメ『鬼滅の刃』自体の右肩上がりの人気っぷりも相まって、とうとう「SOS (feat. Aloe Blacc)」をかわして一位にランクアップ。

ちなみに、前週まで5週連続で首位の座を守り続けてきたAviciiの「SOS (feat. Aloe Blacc)」は、「紅蓮華 -TV ver.-」に次いで2位となった。

6連覇の偉業達成こそ阻まれたものの、まだまだ首位奪還の可能性はある…?

また、前回はじめてトップ20入りを果たしたMeduza & Becky Hill & Goodboys「Lose Control」は、前回からさらにランクを上げて7位に浮上。

その他、イコマシリツイコマチユウガツコウスイソウガクブの「組曲「道化師」I.プロローグ、II.ギャロップ、VII.リトル・リリカル・シーン、X.エピローグ」が8位にランクインしている。米津玄師 曲

さて、そんな「TikTok HOT SONG Weekly Ranking」トップ20は以下のとおり!

1位「紅蓮華 -TV ver.-」LiSA
2位「SOS (feat. Aloe Blacc)」Avicii
3位「HIP」MAMAMOO
4位「Roundabout」Yes
5位「Rumors」Jake Miller
6位「会いたいわ」iri
7位「Lose Control」Meduza & Becky Hill & Goodboys
8位「組曲「道化師」より I.プロローグ、II.ギャロップ、VII.リトル・リリカル・シーン、X.エピローグ」イコマシリツイコマチユウガツコウスイソウガクブ
9位「Yummy」Justin Bieber
10位「Astronaut」Kris Roche
11位「Dance Monkey」Tones and I
12位「I LOVE…」Official髭男dism
13位「Walking with you」Novelbright
14位「ON (30 sec)」BTS
15位「なにをやってもあかんわ」岡崎体育
16位「My Pace -Japanese ver.-(Intro long)」Stray Kids
17位「WOAH」Krypto9095
18位「Any song」ZICO
19位「まちがいさがし」菅田 将暉
20位「Dirty Work」Austin Mahone

一体どうなる新型コロナウイルス!?

今年に入って世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスのこれからの推移と芸能界への影響についてお話しします。

新型コロナウイルスは中国の武漢市で発生した新しいウイルスと言われています。

コロナウイルス自体は一般的な風邪のウイルスなんですが、新しくまだ誰もどういうウイルスかわからないという点で世界中の人々が戦々恐々としています。

日本国内でも約150人の方が感染し、市中感染が広まっていると言われています。

テレビのニュースやマスコミはこのウイルスは戦争だ!世界を滅ぼす!というったことを大々的に言っているのですが、実際の情報を少しリサーチしてみました。

確かに、新型コロナウイルスは未知のウイルスという点では恐れる部分はありますが、季節的インフルエンザの方がよっぽど危険で危ないウイルスと言われています。

現在日本国内では、毎年季節性インフルエンザで1000万人の人が感染し、約1万人の人が毎年インフルエンザで命を落としています。

もちろんただこの人数をだけを新型コロナウイルスと比べて、新型コロナウイルスはそこまで怖がらなくても良いというわけではありませんが、実際に中国や世界の今回のウイルスに感染した人の数や症状、重症化や死亡率を統計として見てもインフルエンザよりもはるかの弱いウイルスだと言われています。

ワクチンや治療薬は?

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬は現時点ではありません。

世界中でワクチンや薬の開発が進んでいるようですが、早くても数年かかると予想されています。

ただし、この新型コロナウイルスは普通のかぜと同じで、自身の免疫力でウイルスを退治しないといけないので、ワクチンや治療薬はほとんど必要ないかと思います。

ただ、重症化した人やする可能性がある人のための特効薬は早く開発されて欲しいですね!

新型コロナウイルスの芸能界への影響

今回の新型コロナウイルの影響で、歌手のコンサートや舞台、握手会などがどんどん中止もしくは延期されています。

スポーツ界では、サッカーやラグビ−の試合の延期や無観客での試合となっており、今回のウイルスで数百億円の損害が出るのではないかと言われています。

さきが見えないという部分では怖いウイルスですが、早く収束して欲しいですね。

芸能人のYOUTUBE進出が止まらない!

今年に入って芸能人のYoutube進出がとても増えてきています。

数年前までは、Youtubeにいくなんてあり得ない!と大口を叩いていた芸能人や、この人までも?!というような芸能人がどんどんユーチューバーとして活動を開始しています。

さらに、闇営業問題で芸能活動を休止中の宮迫までもyoutubeチャンネルを開設し、活動を再開しています。

人気芸能人youtubeチャンネル

  • キングコング梶原(カジサック)

キングコングの梶原は芸能人とyoutubeの架け橋となったと言われるほどの芸能人ユーチューバー化の先駆けとなっています。

個人的にはキングコングの梶原としての方が面白いし、好きなんですが、カジサックは現在チャンネル登録者数約175万人と芸能人ユーチューバーの中ではとても人気のあるチャンネルとなっています。

  • 江頭2:50

江頭といえばめちゃイケというイメージが強いですが、最近ユーチューバーとして活動を開始し、最近最もチャンネル登録数の伸びが半端ないチャンネルとなっています。

すでにチャンネル登録者数が170万人を超え、カジサックを超える勢いで伸びています!

  • ヒロミ

正直、ヒロミさんのユーチューバーデビューを知ってとても驚きました!

まあ、ヒロミさんの活動内容を見ているとあり得なくもないかなと思っていましたが、まさか!と思いました。

チャンネル登録数は20万人ちょっととそこまでバズっているわけではありませんが、ヒロミさんのようなジャンル・地位の芸能人でもユーチューブ界に進出するんだなーと改めてユーチューブの勢いを感じました。

どうして芸能人がユーチューバーに?

よくテレビでどうしてユーチューブデビューしたんですか?と聞かれた芸能人ユーチューバーが趣味のためです!や自分が発信したいことを好きにできる!という返答をしていますが、実際はお金のためだと言われています。

もちろん芸能活動で十分にお金もらっているでしょ!と思われる方もいるかもしれませんが、例えばキングコングの梶原はユーチューブでの収入が年間約1億円と言われています。吉本を通しての1億円ってことは、もし事務所を通さない芸能人はどれだけの収入を得られるか想像がつくかと思います。

ユーチューバーは芸能人にとって良い収入源となりつつあります。

Aviciiの「SOS」がTikTok週間楽曲ランキング4連覇達成!

根強い人気を誇るAvicii「SOS」

話題沸騰中のショートムービー・プラットフォーム「TikTok」が、国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”を公表した。

今回も、大人気Aviciiの「SOS (feat. Aloe Blacc)」が首位をキープし、4連続チャンピオンに輝いている。

2位には、昨年末の紅白歌合戦でも風靡したLiSA「紅蓮華 -TV ver.-」がランクイン。3位にはYesの「Roundabout」が続いた。

4位には、前回から2ランク浮上のMAMAMOO「HIP」が入り、4週ぶり2度目となる4位ランクインとなっている。次週以降で初めてのトップ3入りはあるか…?

さて、韓国アイドルユニットBlock BのメンバーでもあるZICOの「Any song」も相変わらず熱烈な支持を得たようだ。今週はさらにランクアップし自己(ZICO)最高記録8位まで浮上した。

また、Official髭男dism「イエスタデイ」は今週はじめてトップ20デビューを果たした。米津玄師 曲

そんな注目のTikTok HOT SONG Weekly Ranking”は以下の通り!

1位「SOS (feat. Aloe Blacc)」Avicii
2位「紅蓮華 -TV ver.-」LISA
3位「Roundabout」Yes
4位「HIP」MAMAMOO
5位「Rumors」Jake Miller
6位「会いたいわ」iri
7位「Choices (Yup)」E-40
8位「Any song」ZICO
9位「Yummy」Justin Bieber
10位「WOAH」Krypto9095
11位「My Pace -Japanese ver.-(Intro long)」Stray Kids
12位「Dance Monkey」Tones and I
13位「イエスタデイ」Official髭男dism
14位「Astronaut」Kris Roche
15位「あのね、ママきいて」Natty Patty
16位「なにをやってもあかんわ」岡崎体育
17位「summertime -イントロver.-」cinnamons x evening cinema
18位「Can We Kiss Forever?」Kina
19位「Say So」Doja Cat
20位「Dirty Work」Austin Mahone

戸田恵梨香ヒロインの「スカーレット」が8週ぶり視聴熱首位へ!

8週ぶり視聴熱首位の「スカーレット」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00000002-mantan-ent

「ザテレビジョン」が、1月27日~2月2日のドラマ週間視聴熱ランキングTOP10を発表!今最も熱いテレビドラマは…?

映えある視聴熱1位に輝いたのは、女優の戸田恵梨香さんが主演を務める「連続テレビ小説『スカーレット』」。同作は、8週ぶり2度目の1位ということで、再び旋風を巻き起こしている。

ちなみに、視聴率では放送開始時から変わらず1位をキープ。今週は、喜美子が「一人もええな…そんなこと思てしもてん」とぼやくと、照子が「目え覚ましてくれ!」と叱咤するシーンがとくに記憶に残るシーンとなった。

さて、続く視聴熱2位は「麒麟がくる」がランクイン。視聴熱3位は「恋はつづくよどこまでも」が続いた。

その他、TwitterなどのSNSでは、「やめるときも、すこやかなるときも」、「ゆるキャン△」、「アリバイ崩し承ります」、「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」などがトレンドとなった。米津玄師 映画

そんな「ザテレビジョン」が集計した1月27日~2月2日の連続ドラマ「週間視聴 “熱” 」TOP10は以下の通り!

1位「連続テレビ小説『スカーレット』」(1月27日-、NHK総合) 69,680[60,799]

2位「麒麟がくる」(2月2日、NHK総合ほか) 37,492[80,506]

3位「恋はつづくよどこまでも」(1月28日、TBS系) 18,268[12,419]

4位「テセウスの船」(2月2日、TBS系) 17,302[18,108]

5位「やめるときも、すこやかなるときも」(1月27日、日本テレビ系) 16,227[―]

6位「アリバイ崩し承ります」(2月1日、テレビ朝日系) 14,518[―]

7位「10の秘密」(1月28日、フジテレビ系) 14,364[14,737]

8位「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年放送、NHK総合) 12,526[10,894]

9位「ゆるキャン△」(1月30日、テレビ東京系) 11,871[13,194]

10位「DASADA」(1月29日、日本テレビ系) 9,122[―]

一体どうなる?東出昌大と唐田えりか

最近日本だけではなく、アジアの芸能界を賑わしているのが、東出昌大と唐田えりかの不倫報道です。

先日、俳優の東出昌大と女優の杏さんが別居状態ということが報道されたと同時に、東出昌大の元共演者の唐田えりかとの不倫報道が報じられました。

え?!嘘でしょう!!あの東出昌大が不倫??と思った人も多かったと思いますが、そうなんです。

あのパパの鏡!と言われていた東出昌大が妻の杏さんが二人目の子供を妊娠中の時に不倫していたのです!!

この報道を見た時、率直にこの男最低!!と思いました。

不倫自体もちろん許されることではありませんが、芸能人(特に俳優やお笑い芸人)は芸の肥やしにと女性遊びを肯定している人も多くいますが、自分の妻が妊娠中に不倫して他の女性と関係を持つなど言語道断です!

世間でもかなりバッシングを浴びている模様で、CMの打ち切りが発表されたり、主演ドラマの降板も考えられているようです。

杏さんとは離婚するの?

現時点では、二人の関係修復のための期間として別居状態が続いていると報道されていますが、杏さんの中ではもう離婚を決意しているのではないかと言われています。

ただ、杏さん地震の親も離婚していて、親が離婚した子供の苦しみを誰よりも分かっている杏さんだからこそ今とても悩んでいるそうです。

子供のことを考えると、どんな理由があったとしても東出さんしか父親がこの世にいません。

だからといって、彼が起こした過ちは決して許されるものでもありません。

これから二人が離婚するかどうか注目です!

唐田えりかってどんな人?

そもそも唐田えりかって誰?となった人も多いのではないでしょうか。

唐田えりかは数年前に東出昌大と映画で共演し、カンヌ映画祭に二人で出席した様子が最近報じられていました。

その時はまさかこの二人が!と思われていたと思いますが、今となっては唐田はその当時から東出との関係を周りに暴露していたようです。

二人で撮った写真を自分でプリントアウトして友人に配っていたり、自身のインスタグラムで二人の写真や東出さんの写真をアップしていたそうです(今は全て削除されています)。

今考えたら良くそんな行動をとっていたなと思いますが、テレビではこれは人間なんだよというコメンテーターもいました。

頭では分かっていても体は嘘をつけない。

わからなくもありませんが、杏さんの立場になったら今回の報道を正当化する要素は一つもありませんでした。

「SixTONES vs Snow Man」がデビュー3日でミリオン達成の偉業

「SixTONES vs Snow Man」がジャニ初偉業

22日に発売されたSixTONES vs Snow Manのデビューシングル「Imitation Rain / D.D.」が、発売3日でミリオン達成という驚きの結果を叩き出した。

ジャニーズグループのデビューシングルが、デイリー3日目でミリオンを達成することは史上初めての快挙。

さて、今回ジャニーズ史上初の同時CDデビューを果たした「SixTONES」と「Snow Man」。

ソニー・ミュージックレーベルからSixTONESをフィーチャーした「Imitation Rain / D.D.」と、エイベックス・トラックスからSnow Manをフィーチャーした「D.D. / Imitation Rain」が満をじして同時リリースされた。米津玄師 曲

「D.D. / Imitation Rain」通常盤にはSnow Manの「Crazy F-R-E-S-H Beat」「Snow World」が、「Imitation Rain / D.D.」通常盤にはカップリング曲としてSixTONESの「Telephone」「NEW WORLD」がそれぞれ収録されている。

さらに、特典としてSixTONESとSnow Manの計15人のメンバーによるトークトラックも収録されているとあって、両グループのファンにとってはたまらない内容だろう。

加えて、「Imitation Rain / D.D.」with Snow Man盤のDVDは「SixTONESとSnow Manのごちゃまぜチームで課題をこなせ!イミテーション・ボーリング」と「『Snow Manが語るSixTONESの映像を、SixTONESが観たら…』、「D.D. / Imitation Rain」の2つを収録。

一方with SixTONES盤のDVDには、「Snow ManとSixTONESがチームに分かれて絆度チェック!シンクロBINGO!」と「『SixTONESが語るSnow Man』の映像を、Snow Manが観たら…」の2つの映像が収録されている。

それぞれレコード会社が違う2グループの合算数字でミリオンということに対して、一部疑問の声も上がっているが、いずれにせよ「SixTONES」と「Snow Man」の今後の活躍に注目だ。

ロンドンブーツ1号2号の田村亮が復帰間近!

昨年、闇営業問題で吉本興業から活動停止を言い渡されていたロンドンブーツ1号2号の田村亮の復帰が認められたと先日吉本興業が発表しました。

ただ、吉本興業所属ではなく、相方の田村淳が先日立ち上げた会社に所属し、エージェント契約という形で復帰することが分かりました。

闇営業問題の際に雨上がり決死隊の宮迫と突然の会見を行なって以降、メディアから姿を消していた田村亮ですが、相方の淳によると今は元気になって復帰に意欲を出しているそうです。

淳が先日開設したyoutubeチャンネルで復帰するのではないかと憶測が立っていましたが、そのyoutubeチャンネルで淳の口から亮の復帰はまず地上波のテレビからということが発表されました。

闇営業問題の時に大きな迷惑をかけたテレビ関係者への拝領と謝罪の気持ちで亮の復帰は地上波からと決めていたそうです。

ただテレビ復帰自体はまだしばらく先になるみたいです。

まずは吉本の舞台に立ち、漫才やコントから復帰し、その後にテレビ復帰という流れになるそうです。

闇営業問題の際に様々な意見が飛び交い、今も亮や他の芸人の復帰に関して世間では様々な意見が飛び交っていますが、私はもう十分に反省したのであれば復帰し、お笑い芸人という立場でたくさんの人に笑いを届けてもらいたいと思っています。

誰でも失敗は犯すもの。

どのテレビで復帰するのか?

おそらく復帰一発目のテレビ番組はテレビ朝日のロンドンハーツだと予想されます。

長年ロンドンブーツをメインキャスターとして続いているロンドンハーツのスタッフは、闇営業問題の時は、怒り爆発で番組消滅の危機もありましたが、なんとか存続することが決まり、今は淳一人で番組が継続しています。

あとは、今回の闇営業問題で一番動いたと言っても過言ではない大御所の明石家さんまのテレビ番組ではないかと言われています。

宮迫とさんまには多くの接点があり、亮にはないのではないか?と思われるかもしれませんが、さんまは今回の騒動で誰よりもこの二人のことを心配し、吉本興業とも掛け合った人物となっています。

宮迫の芸能界復帰は?

宮迫は芸能界への復帰は厳しいと予想されます。

それは、芸能界が宮迫を受け入れないというよりは、宮迫自身が望んでいないと言われています。

宮迫は現在自身でたこ焼き屋を経営しており、今後もレストラン経営やプロデュース業とyoutubeチャンネルを開設しyoutubeで活動していくと予想されています。

キングコングの梶原のカジサックチャンネルには何度か登場し、現在梶原からユーチューバーについて詳しく教えを受けているそうです。

BLACKPINK、英国で「2019年最高の楽曲」の9位にランクインの偉業!

欧州の名誉あるランキングで堂々トップ10入り!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00083619-exp-musi

韓国のガールズグループ「BLACKPINK」が世界のメディアから注目を集め始めている…。

現地時間12月30日、イギリスのファッションメディア「GQ」が「今年最高の楽曲10曲(The biggest, boldest songs of 2019)」を公表。

The biggest, boldest songs of 2019で、「BLACKPINK」の代表曲「KILL THIS LOVE」が堂々9位にランクインした。

Lizzo、Billie Eilish、Dua Lipaなど世界的に有名なアーティストたちの楽曲の中に、唯一K-POP歌手のBLACKPINKがトップ10入り。

ファッションメディア「GQ」は、BLACKPINKのKILL THIS LOVEについて「K-POPを好きではないという人たちにリトマス試験紙のように聞かせる楽曲だ」と手放しで評価した。

米津玄師 映画

そんなKILL THIS LOVEは2019年4月にリリースされた楽曲で、発売とともにビルボードのメインチャート「ホット100」で41位、「ボルボード200」で24位にそれぞれランクインし、大きな注目を浴びた。

海外受けするリズムやフレーズがしっかり入っていて、kpopと言うよりは洋楽聞いてるような感覚になるKILL THIS LOVE。とくにアジア、南米の層を取り込んでいる模様。

また最近では、ビルボードの記者たちが選ぶ「今年の楽曲トップ100」で66位、「E! People’s Choice Awards」の3冠王をはじめとする世界大手メディア「Pitchfork」が選ぶ「今年のミュージックビデオ」でも14位に入っている。

きわめつけは、世界で最も権威製のあるグローバル音楽専門誌「TRACKLIST」の「世界最高のミュージックビデオ2019」の栄冠にも輝いたBLACKPINK。

2020年初旬にはニューアルバムでカムバック予定だが、今後の活躍に注目だ。

M-1グランプリ2019はミルクボーイが優勝!【史上最高得点更新】

一回戦でインパクト残したミルクボーイ

https://www.m-1gp.com/

22日、漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」(ABCテレビ・テレビ朝日系)が開催され、ミルクボーイが優勝した。

からし蓮根、ミルクボーイ、ぺこぱ、オズワルド、すゑひろがりず、ニューヨーク、インディアンス、見取り図、かまいたちの9組と、敗者復活を勝ち抜いた和牛の10組がしのぎを削り合ったM-1グランプリ2019ファイナル。

一回戦は、「コーンフレーク」のネタでM-1史上最多得点となる681点点(上沼恵美子 98点-松本人志 97点-中川家・礼二 96点-サンドウィッチマン富澤 97点-立川志らく 97点-ナイツ塙 99点-オール巨人 97点)
を叩き出したミルクボーイが首位通過。

660点のかまいたちが2位、654点のぺこぱが3位で最終ラウンドへ進んだ。

ぺこぱ、かまいたち、ミルクボーイの順にネタ披露された最終決戦では、3者ともに互角の戦いを演じたが、上沼恵美子、中川家・礼二、サンドウィッチマン富澤、立川志らく、ナイツ塙、オール巨人の6票を獲得したミルクボーイが第15代王者の称号と賞金1000万円を獲得した。

決勝が三者三様の上に全部面白かった史上稀にみる熱戦。ミルクボーイが、1本目のネタの面白さと笑いの勢いで優勝を掴んだ大会となった。

米津玄師 映画

さて、そんなM-1グランプリ2019ファイナルの最終結果は以下の通り!

■ 最終順位
1位:ミルクボーイ(最終決戦6票-681点)

2位:かまいたち(最終決戦1票-660点)

3位:ぺこぱ(最終決戦0票-654点)

4位:和牛(652点)

5位:見取り図(649点)

6位:からし蓮根(639点)

7位:オズワルド(638点)

8位:すゑひろがりず(637点)

9位:インディアンス(632点)

10位:ニューヨーク(616点)

■ ファーストラウンド得点
・ニューヨーク
616点(上沼恵美子 90点-松本人志 82点-中川家・礼二 88点-サンドウィッチマン富澤 88点-立川志らく 90点-ナイツ塙 91点-オール巨人 87点)

・かまいたち
660点(上沼恵美子 95点-松本人志 95点-中川家・礼二 94点-サンドウィッチマン富澤 93点-立川志らく 95点-ナイツ塙 95点-オール巨人 93点)

・和牛
652点(上沼恵美子 92点-松本人志 92点-中川家・礼二 93点-サンドウィッチマン富澤 91点-立川志らく 96点-ナイツ塙 96点-オール巨人 92点)

・すゑひろがりず
637点(上沼恵美子 92点-松本人志 89点-中川家・礼二 91点-サンドウィッチマン富澤 90点-立川志らく 92点-ナイツ塙 91点-オール巨人 92点)

・からし蓮根
639点(上沼恵美子 94点-松本人志 90点-中川家・礼二 93点-サンドウィッチマン富澤 90点-立川志らく 89点-ナイツ塙 90点-オール巨人 93点)

・見取り図
649点(上沼恵美子 94点-松本人志 91点-中川家・礼二 93点-サンドウィッチマン富澤 91点-立川志らく 94点-ナイツ塙 92点-オール巨人 94点)

・ミルクボーイ
681点(上沼恵美子 98点-松本人志 97点-中川家・礼二 96点-サンドウィッチマン富澤 97点-立川志らく 97点-ナイツ塙 99点-オール巨人 97点)

・オズワルド
638点(上沼恵美子 94点-松本人志 90点-中川家・礼二 94点-サンドウィッチマン富澤 91点-立川志らく 89点-ナイツ塙 89点-オール巨人 91点)

・インディアンス
632点(上沼恵美子 94点-松本人志 88点-中川家・礼二 92点-サンドウィッチマン富澤 90点-立川志らく 87点-ナイツ塙 89点-オール巨人 92点)

・ぺこぱ
654点(上沼恵美子 96点-松本人志 94点-中川家・礼二 92点-サンドウィッチマン富澤 94点-立川志らく 91点-ナイツ塙 94点-オール巨人 93点)