当サイトについて

当ウェブサイトではあらゆる業界からの最新のニュースを紹介しています。本サイト運営の目的は新鮮かつ興味深いテーマをみなさんにお届けすることです。ニュースのトピックは社会的なものから、芸能ネタ、時事問題まで、多岐に渡ります。例えば、NPO団体の裏の実態を暴くものから、話題の芸能人の登場をいち早くお届けするものまで。インターネットの登場とともにあらゆる情報が、一瞬でアクセスできる世の中となりました。しかし、同時に、ニュースを重要度や優先度ごとに選別するのが一段と難しくなっています。誰でも見られる分、どれが重要なのかを極めることが容易ではないのです。

簡単な例を考えて見ましょう。本屋に入って、お目当の本を探し、店員さんに聞いてみて場所を把握します。大抵、同じようなテーマの本がその一画に並べられており、一応、ざっと見回してみます。その中からきになるものがあれば、手にとって確認。そして、最終的に欲しい本だけをレジに持っていき会計をします。これが今までの情報処理の流れです。しかしインターネットの普及した世界は違った様相を呈しています。こんな例を考えてみましょう。ある本が欲しいとして、あるウェブサイトを覗いています。気になる本のタイトルをキーワードで検索してみました。すると、ずらっと似たような本が見つかります。中には、同じ本なのに、状態の違いだけで値段が異なる選択肢まで。このような選択肢の多さに戸惑い、さらに他のウェブサイトも確認することにしました。すると、まだまだ選択肢が出てきます。結局決めきれず、買い物を諦めました。

どうでしょうか?この例で注目すべきは選択肢の多さです。あまりも多いと、人は、そこから何かを選ぶよりも諦めてしまう傾向にあります。大量にあるものの中から何かを選ばなければならない状態は人間にとってストレスであり、これを回避するために、結局、何も選ばないというオプションに逃げるのです。これと同じことが現代社会では起きています。ネットを介してあらゆるオプションにアクセスすることができます。しかし、情報が溢れているからこそ、どれを選べばいのかわからなくなるのです。さらに、それらの真偽を確かめるのも一苦労です。このようにして、人々は、諦めるようになっています。情報に対して怠惰になっているとも言えるでしょう。一昔前であれば、情報がすぐに手に入らないからこそ、宝探しのような感覚で、血眼になりながら、冒険に出かけていました。そして、その旅路で見つかる全ての情報のかけらを大事にカバンにしまって、笑みを浮かべていたのです。

もちろん、情報が豊富であること自体は素晴らしいことです。しかし、その情報を管理するシステムの開発が追いついていないのが現状です。だからこそ、ニュースを噛み砕き、精査し、提供する何かの存在が欠かせません。それは自動であれ手動であれ、必要不可欠です。そのようなエージェントのような役割を果たすものの一つが、ニュースウェブサイトなのではないでしょうか?必要な情報だけを精査し、必要のないものは排除し、本当に価値あるものを読者の前に提示する。それこそがこのウェブサイトの存在意義です。各記事を選ぶ際に意識しているのは「読み手がそれを有益な情報だと考えるかどうか」です。

情報の提供元が独りよがりになって、好きな情報だけを垂れ流しているのならば、それは混乱を極めるネット上の情報の氾濫の延長線に過ぎず、現代の社会問題をむしろ助長する行為となってしまうでしょう。そうならないためにも、人間の目で確認して、人間の脳で判断するというステップが必要とされるのです。もちろんこの操作を人工知能に任せることもできるでしょう。将来的にはそれが当たり前になるかもしれません。しかし、現在そのような技術がお手頃でなく、同時に、幅広く普及していない以上、人間による手動のタスクが欠かせません。これには大きな価値が宿ります。情報にさらなる価値を付加しお届けする。それが情報系ウェブサイトの役割です。一つ一つのネタや情報は一見すると軽いものが多いかもしれませんが、これらの情報提供の裏には、揺るぎない信念が込められています。混迷を極める情報社会でみなさんのお役に立てるように、このウェブサイトを継続的に運営していきたいと思います。