シンガーソングライター 高橋優

CMダイハツ「新型キャスト」でおなじみの「明日はきっといい日になる」や夏の高校野球応援ソング「虹」などで広く知られるようになった高橋優さん。一度は耳にしたことのあるヒット曲と、それとはまた違ったテイストの名曲などを通して、高橋優さんの魅力にせまります。

 

1983年12月26日生まれで秋田県出身。

迫力があるのにどこか優しさも感じられる独特の歌唱力が印象的な高橋優さん。胸が熱くなるようなメロディーや聴いていると落ち込んだ気持ちも前を向けそうな明るい歌詞の作品が次々とヒット曲となっています。

そんな明るく前向きな曲とは違い、悲しく胸をしめつけられるような歌詞を綴った作品もまた、彼を語るうえでは欠かせないテーマとなっています。陰と陽を巧みに描き分ける彼の作品をみていきましょう。

 

 

~憎しみが入る隙もないくらい笑い声が響く世界ならいいのに~

「福笑い」

笑顔をテーマに描いた作品です。笑顔ってなんだか単純なことなのにその力ってすごいんだと、どこを切り取ってもハッとさせられる歌詞になっています。「あなたは今笑っていますか?」そう問いかけてくる彼の言葉が、疲れ果て無表情で仕事に忙殺されている姿を鏡で映し、気づかせてくれるような気がします。キャッチーなメロディーですんなりとしみ込んでくる作品です。

 

~どんなことも‘昨日’になった~

「CANDY」

高橋優さん自身が小学生のときに体験したいじめをもとに描かれた作品です。キャンディとは同級生が差し出した絵の具。あまりに残酷な描写のなかに絵の具のキャンディがひどく鮮やかにドロドロと絡みつくような印象を受けます。どんなひどい目にあっても彼には揺らぐことのない信念がありました。永遠のような日々もいつか終わるものなんだと、彼はインタビューで語っています。

 

~思い通りの人生じゃないとしてもそれも幸せと選ぶことは出来る~

「明日はきっといい日になる」

毎日という日々を送るなかで辛い日も悲しい日も訪れますが、前向きにとらえるかどうかは自分次第なのだと教えてくれます。サビで繰り返される「いい日になる」を聴いているうち、前向きな気持ちにさせてくれる、落ち込んだときに隣で励ましてくれるような作品です。

 

~“素敵な未来(あす)”を夢に描くコトさえダメだった…。~

「こどものうた」

平成を生きる子どもたちを取り巻く環境の不条理さを描いた作品。毎日、ニュースで取り上げられている悲しい知らせにもどうにか立ち向かえと力をくれるような曲です。ミュージックビデオではギターを激しくかき鳴らしながら歌う高橋優さんの指が最後に血だらけになっているシーンが、より力強さを感じさせます。「生き抜け」そんなメッセージを感じられる作品です。

 

~信じられる人がいると日々が少し明るくなる~

「現実という名の怪物と戦う者たち」

人との出会いやつながりを大切に歌いあげる高橋さんらしい作品です。自分の従来の考え方も赤裸々に描く高橋優さんだからこそ言える、背伸びをしない言葉でつづられています。支え合い、ぶつかり合いながらも目指す場所は決して一人では行けない、人と人との関わりが分かりやすく丁寧に描かれ、かつ明るいメロディーなので、さらりと心にしみ込んできます。

 

~誰かじゃなくあなたがしたいこと教えてよ~

「犬」

高橋優さんの得意な風刺のきいた歌詞が小気味よくリズムに乗っていて、頭の中でリフレインします。不自由な生き方に慣れてしまった自分に突き刺さる、本当の自由とは何かというメッセージ性の強い曲になっており、その問いかけに思わずドキッとしてしまいます。なぁなぁで生きていくことが当たり前になった自分を見せつけられている気分になり、考えさせられます。

 

 

高橋優さんの作品は、いつの間にか忘れてしまった大切な物事をふっと思い出させてくれるような歌詞が多いのが特徴的ともいえます。耳に残るメロディーがその歌詞のメッセージ性をさらに強くしているのが印象的です。そしてその歌声は、聴く人を包み込むような優しさとパワフルさが織り交ざっていて、気が付けば思わず聞き入ってしまっていることでしょう。

つらい思いを知っているから、本当の優しさを持っているからこそ描けるのだろうな、と感じる、個性的な歌詞とメロディーが織りなす高橋優ワールドがそこに存在します。ストレートかつ独特な表現方法で、歌詞で読んでもとても興味深いものがあります。この世界観に浸る心地よさをぜひ体験してみてください。

アーティスト 米津玄師

ドラマ「アンナチュラル」のエンディングテーマとして書き下ろされた「Lemon」が大ヒットとなり、多くの人に知られるようになった米津玄師さん。今では彼の曲を、街中で一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんな人気の急上昇を遂げた彼のこれまでの作品やバックグラウンドをご紹介していきます。

 

プロフィール

米津玄師(よねづけんし)さんは徳島県出身の1991年3月10日生まれ。ハチ名義で作品を手掛けていた時期があり、その才能はすでに世界から注目されていたようです。また、ミュージックビデオのイラストは自身で描かれているほか、ビデオグラファーとしての顔も持っており、その才能はとどまるところをしりません。

一時は美術の学校に通ったこともあるようですが、中退されているようです。独学でここまでの作品が描けるのかと驚くその画力は、作品展を開催するほど。色鮮やかでポップなものからモノトーンで描かれたシック作品まで、そのテイストはさまざまです。

あたたかでこまやかなタッチのイラストと曲との一体感は目からも耳からも訴えてくるものがあり、思わず時間を忘れて見入ってしまいます。「ゴーゴー幽霊船」や「アイネクライネ」作品のイラストがよく知られているでしょうか。

 

米津玄師さんは、歌詞の言葉の選び方や声質、メロディーラインなど、その個性的な表現方法で魅せられる人が増え続けている、これからも目が離せないアーティストのひとりです。歌詞にある独特の言い回しは、耳に残ると同時に考えさせられるものがあります。すんなりと入ってこない聞きなれないフレーズの響きだからこそ無意識のまま印象に残り、気付くと繰り返し口ずさんでしまうのでしょう。その柔軟で自由な言葉づかいもまた、米津玄師という人の大きな魅力のひとつだと思います。

代表的な楽曲には悲しみや切なさを繊細に描いた作品が多く、歌詞からもメロディーからもにじみ出る味わいがファンを強く惹きつけてやまないのかもしれません。泣きたいときや自分に優しくなりたいときに、じっくりと聴きたくなります。

また、疾走感のある「ピースサイン」や「LOSER」のように、思わずリズムを刻んでしまうカッコイイ曲もあり、魅力は尽きません。

 

 

「打上花火」

有名作品への楽曲提供や歌手、芸能人とのフューチャリングなどでも知名度を上げていることから、米津玄師という名に聞き覚えのある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

「打上花火」はアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌として起用されました。ウィスパーボイスが魅力的なDAOKOさんと米津さんの力強くもどこかさびしげな歌声が、打上花火のようなはかなさを連想させる楽曲となっています。この作品は楽曲としてだけではなく、映画との一体感も高く評価されており、米津さんの感性の豊かさがあらわれているといえます。

 

「Lemon」

作品の背景が丁寧に織り込まれている楽曲にドラマ、アンナチュラルの「Lemon」も挙げられます。歌い出しのドラマとのマッチング具合が、毎回観る者の涙を誘い、登場人物の背景をよぎらせます。「Lemon」はミュージックビデオもまた印象的です。米津さんが登場する女性の履いているヒールを履いて歌うというシーンがあります。失った女性を象徴するヒールを共有することでその喪失感が表現されており、切なく歌い上げる米津さんの歌声とともに深い悲しみが伝わってくるような仕上がりとなっています。

 

「アイネクライネ」

やさしい色づかいのミュージックビデオが印象に残る「アイネクライネ」で米津玄師さんのファンになった人も多いかもしれません。自分という存在を認めてほしいと思う反面、知られることへの恐怖もある、そんな揺れ動く心の葛藤を丁寧に描いた作品です。“名前を呼ぶ”というフレーズが、心のよりどころとなる場所を見つけるまでのキーワードのように使われており、曲の最後には受け入れてもらえるという安心感を与えてくれたような気持ちになります。自分なんて…と悲観的になってしまうとき、そっと心に寄り添ってほしい曲です。

 

 

切ない楽曲のイメージが強い米津玄師さんですが、ほかにも「LOSER」のようにクールな曲や「ピースサイン」「春雷」のようなカッコいい作品もあります。また「MAD HEAD LOVE」や「ポッピンアパシー」「ゴーゴー幽霊船」のようにユニークな曲や個性的なミュージックビデオもあり、まだまだこれからどんな作品を出してくれるのかとても楽しみなアーティストです。

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』公開(感想とコメント)

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が2018年3月16日に公開されました。アカデミー賞W受賞、さらに、監督はあの名作『トイストーリー3』でおなじみのリー・アンクリッチ監督。こんな一流づくしの作品を鑑賞せずにはいられません。そんなわけで、早速『リメンバー・ミー』を映画館で見てみました。ネタバレが含まれますので、内容を知りたくないという方は、閲覧をお控えください。

 

舞台はメキシコの死者の祭り

 

舞台はメキシコ。この国には、死者を弔い、素敵な思い出を振り返る死者の日というものがあります。そんな特別な日を迎えた主人公ミゲル。彼の興味はどちらかというと…音楽のみ。小さな頃から、ずっと一流のミュージシャンになることを夢見てきました。しかし、家族は皆、ミゲルに音楽をやめるよう説得します。説得というよりも、音楽を毛嫌いしているという表現の方が正しいでしょう。ミゲルは音楽を自由に楽しませてくれない家族に反発するように、死者の日すら、蔑ろにすることに…。お祭り気分に酔いしれる人々と、音楽だけを追い求めるミゲル。

 

音楽が毛嫌いされる理由は過去に

 

ミゲルの家族が皆音楽を毛嫌いする理由は、ただ一つ。先祖にミゲルのおばあちゃんのお父さんに当たる人、つまり、ひいおじいちゃんは音楽を愛する人でした。音楽への思いが強いあまり、家族を捨ててまで夢を追ってしまったのです。そんな忌まわしい記憶があるからこそ、家族は皆、ひいおじいちゃんをまともな家族とすらみなしていないのでした。

 

忘れられる存在とは

 

死者の祭りの大事なキーワードは思い出です。死者の日というものを設けることで、人々は、改めて、今の自分が先祖からのつながりであることを思い出し、死んでいった皆に感謝をするのです。その際に大事なのが、思い出。「おじいちゃん、おばあちゃん…あんな人だったね…」と皆で思い出話に花を咲かせます。さらに、忘れてはならないのが祭壇です。各家庭に用意されているもので、ここに、先祖の写真が飾られます。…それが普通なのですが、ミゲルの家の祭壇にある、ひいおじいちゃんの写真は顔の部分がありません。それだけ、家族から恨まれているということなのでしょうか…。

 

死後の世界へ…

 

夜のこと。憧れのミュージシャンのお墓に忍び込んでギターを借りようと(大会に参加するにはギターが必要という理由で泣く泣く)したミゲルでしたが…いつの間にか、世界の裏側へと渡ってしまいます。周りにはたくさんの骸骨人間が。つまり、たくさんの死者が、死後の世界から、家族に会いに帰ってきたのです。そう、死者の日はそんな特別な日。死者は美しい花でできた、オレンジ色の橋を渡って、現世にやってきます。しかし、全ての死者が橋を渡れるわけではありません。通行するには、特別な審査を通過する必要があるのです。条件は、現世の誰かに覚えてもらっていること。そして、写真が祭壇に飾られていること。

 

向こう側へ行けない男と出会う

 

ミゲルは、憧れのミュージシャンを探し求め進みます。そんなある時、彼を知っていると言う謎の男が現れます。「助けてあげるから、代わりに、俺の写真を現世の祭壇に飾ってくれ。そうすれば、俺は橋を渡ることができる」と言うのです。つまり、向こう側に渡れないから、うまく協力して、助け合おうという魂胆。仕方なく協力するミゲル。伝説のアーティストに会うためにいい方法を思いつきます。それは、彼の主催するパーティーへの参加権をかけて戦われるコンテストに参加すること。これで優勝すれば、その男に一目会うことができます。

 

コンテストに参加した結果…。ここからが一番の面白いどんでん返しが畳み掛けで始まるので、是非とも続きは本作品をご覧ください!

 

文化と視覚的技巧、ストーリーが調和

 

最後に、コメントに比重を置いておきましょう。この作品の素晴らしさは、文化的背景の説明(無理せず、メキシコの文化や風習に触れることができる)、視覚的技巧、そしてストーリーが見事に調和している点にあります。物語に吸い込まれ、カラフルな異世界を視覚的に楽しんでいるうちに、メキシコならではの「死後の世界と現世の関わり方」を体で感じることができます。生と死についての考えや価値観は宗教や国、地域で大きく異なるもので、メキシコのそれに触れられるのは、とても貴重な経験です。単なる「よくできたストーリーだった」で終わらないところが、この作品の深みだと言えるでしょう。

Googleの創設者ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの不思議な背景

 

Googleという名前を耳にしない日はない。そう言っても過言ではないほどにこの企業の知名度は世界中に知れ渡っています。現に、この言葉を口にせずとも、ほとんどの人がパソコンやスマートフォンを経由して、Googleの提供するサービスを利用しています。検索エンジンは言わずもがなGoogleの得意とするところですが、これのサービスは多岐に渡ります。ドキュメント、スプレッドシートなどは多くのビジネスパーソンが利用していることでしょう。広告AdWordsは「広告掲載と言えば」というほどの業界基準です。さらに、Googleマップも圧倒的な市場シェアを誇ります。もはやGoogleなしでは満足な生活が行えない…と奈落の底に突き落とされるような気分になる人も少なくないでしょう。そこで今回はそんな世界企業Googleの生みの親に焦点を当ててみましょう。Googleの創設者は2人います。ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンです。彼らは本当にユニークな存在です。もちろんGoogleという企業を作り上げることができたのですから、それだけ特別な才能を持っているのでしょうが、それだけでなく、「え、意外すぎる」と思うことすらあります。

 

Google当初のウェブサイトはお粗末なレベルだった?

 

Googleと言えば、ウェブ業界の覇者のような存在。しかし、そのGoogleの最初のウェブサイトは決して素敵な仕上がりではありませんでした。なぜだと思いますか?Googleの創設者だったら、ウェブサイトの構築くらいはお手の物でしょ…と思いたくなりますが、決してそんなことはありません。ラリー・ペイジもセルゲイ・ブリンも…二人ともHTMLすら知らなかったのです。HTMLはコーディングの基本中の基本です。Googleの創設者がこんな基本すら知らなかったなんて、意外すぎる事実です。

 

Googleという名前はミスから生まれた?

 

Googleという名前は今でこそ完全に世間に定着していますが、本来、この名前は生まれるはずではなかったのです。というのも、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが会社の登記やドメイン(ウェブサイトのアドレス、つまりURL)の登録を行う際に、本当はgoogolと名付けようとしたのですが、綴りを間違えてしまい…結果としてGoogleになったのです。信じられませんね。そもそも、会社の名前にしようとするくらいですから、普通、ちゃんと下調べはしますよね。その当時にインターネットがまだ今ほど普及していなかったとしても…人に聞いたり、辞書で引いたりするくらいはできるはずです。

 

ラリー・ペイジはパソコンマニアだった?

 

ここまでの話だけを聞くと…ラリー・ペイジはパソコン関係が全然ダメなんじゃないの?と思ってしまいがちですが…決してそんなことはありません。これについて、詳しくご紹介しましょう。衝撃的な話ですが、1980年代はまだコンピュータが普及していませんでした。実際に、1980年代半ばまでは商業レベルでの展開すらされていなかったのです。だから、1980年以前にパソコンと共に育った子は少なく、ラリー・ページはその中の貴重なひとりでした。これは主に父親のカール・ペイジからの影響によるものです。ラリーが生まれる前に、彼の父親はすでに新しく誕生したばかりのコンピューターサイエンスという分野を開拓する存在でした。なんと、1965年の段階でこの分野で博士号を取得していました。ラリー・ペイジの幼少時代、父親はミシガン州立大学で教鞭を執っていました。このような家系がラリー・ペイジによるパソコンへの関心と情熱の土台となっています。

 

ページランクの誕生

 

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、バックリンクに基づいてページの順位付けを行うという内容の論文を作成しつつ、その研究プロジェクトを ‘BackRub’と名付けました。当時、ワールドワイドウェブには約1,000万ものWebページがあったため、これらのページをすべてクロールすることの負担は莫大でした。ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンはバックリンクデータをページランキングに変換するアルゴリズムの開発を開始し、Googleの基盤であるページランクという概念が生まれました。

 

表紙・巻頭はドレスコーズの志麿遼平がついに登場!

… 最初はニコニコ動画に投稿された架空のゲームのオープニング動画というジョーク企画だった「学園ハンサム」。異常なまでに尖った顎や BL(ボーイズラブ)のパロディなど、女性 向けコンテンツを題 …

あなたも「おもちゃドクター」に 28日、若狭で養成講座

県内の企業や団体などでつくる「環境ふくい推進協議会」は二十八日午後一~四時に若狭町市場のパレア若狭で開く「おもちゃの修理ドクター養成講座」の受講者を募っている。無料。二十六日締 …

大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告

千葉市の幕張メッセで14日に開かれた人気外国人アーティストのコンサートに、麻疹(はしか)に感染していた男性が参加していたことが判明。潜伏期間の10日が経過し、接触者に症状が表れる可能 …

everying!としても活動中の山崎エリイがソロアーティストデビュー

「サムライフラメンコ」の森田萌役や「 レーカン!」の小川真琴役、「ナースウィッチ小麦ちゃんR」の西園寺ここな役などで知られる山崎エリイさんが、ソロアーティストデビューすることが決定。11月16日に1stアルバム「全部、君のせいだ。」をリリース …

ごみ散乱、不衛生環境で犬・猫数百匹飼育か 姫路市の動物保護団体

動物保護活動を行う姫路市のNPO法人「アニマルメリーランド」の飼育施設(同市豊富町神谷)で、犬や猫約百匹がごみなどが散乱した不衛生な状態で飼育されていたことが23日、同市保健所などへの取材でわかった。 今月1日まで同法人の理事長を …

名古屋に闘莉王 小倉監督去り新監督サプライズ発表

J2降格圏内の年間16位に沈む名古屋は23日、GMを兼任する小倉隆史監督(43)が休養し、ボスコ・ジュロブスキー・アシスタントコーチ(54)が新監督に就任したと発表した。新監督は、昨季限りで …